歯周病治療-イオンモール今治新都市の歯医者【しまなみの丘歯科クリニック】

駐車場完備
0898-52-7171

【診療時間】11:30~15:00 / 16:00~20:00
【休診日】水曜・木曜

0898-52-7171

【診療時間】11:30~15:00 / 16:00~20:00
【休診日】水曜・木曜

歯周病治療

手遅れになる前にきちんと対応

歯周病は様々な疾患(特に成人病)の原因となるのがわかってきました。日常のメンテナンスを欠かさずに、定期健診でお口の環境を整えましょう。

歯周病は進行しないと自覚症状が現れないため、いつの間にか悪くなっていたというケースが見受けられます。気付いたときには歯槽骨が破壊され手遅れになり、最悪歯を失ってしまうという恐ろしいケースも存在します。そのため、日々のお手入れと定期的なメンテナンスを継続し、歯周病の治療・予防に対しての意識を強く持つことが重要です。

歯周病の症状と治療

歯周病の症状は、3つの段階に分類できます。ごく初期の歯周病であれば歯垢や歯石を取り除くことで回復しますが、重度歯周病まで進行してしまうと外科的な治療が必要です。

歯周病の症状

初期歯周病の症状
歯と歯茎の間の歯周ポケットに、歯垢(プラーク)や歯石が付着し始めている状態です。自覚症状は感じにくいです。歯垢(プラーク)や歯石を取り除き、日々のケア(ブラッシングなど)を続けることで向上が見込めます。

中等度歯周病の症状
歯周ポケットの深さが4~6mmになり、歯の根に近い部分まで歯垢(プラーク)や歯石が付着し始めている状態です。歯茎の腫れや出血などの症状が見られます。歯科衛生士による歯のクリーニングを定期的に行いましょう。

重度歯周病の症状
ここまで重度になると歯茎が歯から剥がれ、歯を支える骨が溶けてしまい、舌で触るだけで歯がぐらつきます。歯周ポケットの掃除だけでは治療できないので、歯茎や骨の再生手術が必要になります。

当院の歯周病治療

基本的な治療

・ブラッシング指導
日々ご自宅で行うブラッシングは歯周病治療には欠かせません。しかし、しっかり磨けていない場合があります。

当院では歯科衛生士が患者さんのブラッシングのやり方をチェックしたうえで、なにが原因でうまく磨けていないかをわかりやすく説明し、ご自宅で効果的にブラッシングできるように指導を行います。

スケーリング
歯の表面についた歯垢(プラーク)や歯石を除去し、表面を滑らかにする施術方法です。歯石を取ることで歯垢(プラーク)が付きにくい状態にします。歯石は一度キレイにしてもしばらくすると再形成されてしまうので、歯科衛生士によるスケーリングで定期的に除去しましょう。

ルートプレーニング
歯周病が進行して歯周ポケットが深くなってしまい、スケーリングだけでは歯石を除去しきれなくなってしまった場合は、ルートプレーニングという治療を行います。ルートプレーニングは、歯周ポケットの深くに入り込んでしまった歯石や、感染した歯質を除去する施術方法です。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科衛生士が専用機器を用いて行う施術方法です。普段のブラッシングでは落とせない歯と歯の間や、歯茎と歯の間にこびりついた汚れを除去します。

歯周外科

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行う手術です。歯ぐきを切開して歯周ポケットの中の歯石や歯垢(プラーク)を除去します。

フラップ法
歯槽骨から歯肉を剥がして歯根や骨をむき出しにし、歯石や感染した歯質を取り除く手術です。骨が溶けてしまったところをキレイに掃除してから縫合します。